ご利用の先生方の活用事例をご紹介しています!
たくさんの活用事例をぜひお寄せ下さい♪

お客様の声

ジャンボTOSSノートを使用した感想

やっぱり軽さが違う。 そのため、扱いやすい。 丸磁石4つで掲示できる。 丸まったところをしっかり伸ばして 掲示できるように工夫が必要だ。 ノートのマス目なので、 一行開けてなどの言葉が削れる。 そういった指示がなくても、 子どもたちは、ノートを書いていた。 書きごごちは、なめらかだった。 フリーハンドで直線を引くと、 なめらかすぎて、うまくひけなかった。 書いた字が、自分には、はっきり見えた。 コントラストも自分にとってきつくなかった。 見やすいのか、子どもたちから、質問は出なかった。 これから、もっと活躍の場面は、増えそうだ。 石川県 森下将広先生

ジャンボTOSSノート掲示例

上の写真は3年生実際の授業の様子である。 来年度の研究大会は左側の写真の教室を使う。 写真下側のシートはマグネットスクリーン。 一度貼ったら動かすのが嫌なくらい重い。 五線はジャンボノートの下に隠れている。 必要な時にノートを外せば良い。 ありがたい。 勤務校は明日が終業式。 2学期どんな風に活用しようか研究せねば。 奈良県 丸山美香先生

中3数学 ジャンボホワイトTOSSノート

黒板に貼ると 「何ですかそれ?」 「書きたい!」 と中3も反応。 今日、一学期最後の授業は 二次方程式・動点の問題。 2枚ならべて、図を次々に書いて(書かせて)いった。 「同じように書きます」 だけでほぼ説明なしで同じようにかける。 快適! 今日は2枚だけ教室に持って行ったけれども もう1枚貼れそうなので、次は3枚体制で。 そうすれば、並んで複数の生徒に図やグラフをかかせることができる。 今日で授業が終わってしまうのが残念なくらい。 2学期までに活用法をいくつも考えてストックしておこう。 埼玉県 星野優子先生

ジャンボホワイトTOSSノート 貼って書いてみた

学活の時間。 特に連絡は夏休みの宿題しか思いつかなかったので。 それでも、子どもたちは、 「でっかい!」 「なんか、見やすいなぁ」 など、言っていた。 新しもの好きな子どもたちは、いつもより自主的にメモをとっていた。 やはり、ネオジム磁石なら強力なので、 四角を止めるだけでよかった。 これなら、すぐに貼れるので便利だ。 岡山県 佐藤紀子先生

ジャンボホワイトTossノート

見やすい!わかりやすい!!消してもキレイ!!! なにより、軽いっ! 筆算を間違えたあの子が、算数苦手なあの子も!集中してみていた。 Toss教材は、子供にやさしいなぁ。 向山先生をはじめ、研究所のみなさんが、 こんなにも早く届けてくださったジャンボホワイトTossノート!本日、大活躍。 算数のまとめテスト。朝の時間に、プレテスト。残念ながら、正進社ではない。答え合わせが面倒・・・。 そこでっ! ジャジャジャジャ~ン。 「ジャンボホワイトTossノートぉ」 頭の中では、ドラえもんの声とともに登場。 筆算の答えを書く。 基本型通りに書く。 学習内容も思い出せて、とってもいい。 また、見やすい! 2年生の算数ノートは、横に12マス。 今日は、ジャンボホワイトTossノートを横長にして使った。 筆算と筆算の間をあけて、ゆったりと書ける。 ジャンボホワイトTossノートには、説明の紙がついていた。 丸めたままでの保管はよくないとのこと。 ふむふむ。 朝、学級の黒板にマグネットで貼っておいた。 最初は、送られてきた形にくるくるっとなっていたが、 子供たちの登校時刻までには、ほぼまっすぐに。 水川さ…

ジャンボ ホワイト・TOSSノート

子どもたちが使っているTOSSノートと同じマス目だ。 拡大したものだから 分かりやすい。 マーカーを持って筆算を解いていく。 滑りが良く 書きやすい。 いつもと違う彼らが いた。 こんなにも早く送ってくださり、ありがとうございます。 愛知県 長谷川信雄先生(仮名)

ジャンボホワイトボード使ってみた

ジャンボホワイトボードが届いて、早速家の壁に張った。 ホワイトボードマーカーを買ってきて、とりあえず書いてみた。 妻との連絡事項を書いておくのには、都合がいい。 また、備忘録代わりに使っているTOSSメモを切り取って、張り付けた。 実家に持っていくもの、実家から持っていくものを書き込んで行く。 実際に、実家に行く日にはがして持っていけば忘れない。 実家に行く日までは、書き足していく。 買い物リストなども張っておくと忘れない。 我流かもしれないが、忘れにくいので、便利だ。 福島県 夏井圭太郎先生

ジャンボTOSSノートを使ってみた

最大の良さは軽さ。 音楽を全学年指導している私は、頻繁に教室のレイアウトを替えている。 授業の予定はB3のホワイトボードに示している。軽量タイプだが急ぐ時には困る程度だ。 教室で使われているマス目黒板など、もっと重い。 それがどうだろう! ジャンボTOSSノートは「紙」だから当然軽い。 今は軽く曲がっているが、マグネットで留めたままで一定期間置けば真っ直ぐな紙になるはずだ。 また、マスが大きくて罫線がしっかりしているから、 1マス1拍のリズム譜も簡単に書ける。 本当にありがたい。 問題は、私自身の指示発問。 教具が良くても指示発問がまずければ、子供はエラーを起こしてしまう。 音楽ではTOSSノートΩを使っている。 だから、本当は横18マスは欲しい。 子供が10マスのレイアウトから18マスレイアウトに変換して書けるかどうかが心配なのだ。 笠井先生はダイアリーで横置きを紹介されていたが、 視覚的に違和感を感じてしまった。 とすると…思い切って改造するのも手かもしれない。 …もう1セット買えば良かったかな? (補足) クリーナーは厚め・大きいサイズがよい。 インクがたっぷり出るペンの跡でもさ…

ジャンボTOSSノート 使用前準備

1 まずは マグネットシートで裏打ち 2 黒板の左面 または 中央に固定設置 (3枚セットなので黒板の全体でもよい) 3 プロジェクターは 左面のジャンボTOSSノートに投影 4 教科書等をプロジェクターに投影 5 左と右で お手本とノートに分けて指導する (視線の移動が少なくてすむ) 6 ホワイトボードマーカーは4色(黒 赤 青 緑 市販されている) 7 クリーナーも準備(マーカーも合わせてカゴに入れる) 8 児童用のマーカーとクリーナーも準備 (クリーナーはフェルト布を切ったものでも十分) 9 とにかく 児童に書かせてみる(文字集めゲームなど) 10 縦向きがよいか 横向きがよいか これは 児童に尋ねる 新潟県 滝澤隆幸先生

ホワイトボードのTOSSノート版はすごくいい

コンマサークル例会で ホワイトボードのTOSSノート版を披露。 学校の予算で全クラス入れるといいね わかりやすい TOSSノートを使っていたら最高にいい さっと消えるし 赤ペンの色も残らない。 算数のとき、使うのに最適! 社会や理科ノート、見開きもレイアウトかいたり いろいろと工夫しだいで使える。 素敵なものをありがとうございます。 縦にするのと横にするのとやってみたけど、 やはり縦がいい。 同じものなのに色も違ってみえた。 広島県 笠井美香先生