ご利用の先生方の活用事例をご紹介しています!
たくさんの活用事例をぜひお寄せ下さい♪
お客様の声

進学補習でジャンボホワイトTOSSノートを使ってみた

今日から2年生古典の進学補習。
古文と漢文の読解演習と解答解説をした。
授業時間は60分間。
3時間連続授業の2時間目。
相変わらず3階の教室に毎回プロジェクターを運び、
10分の休憩時間にセッティングし、
授業が終わったら、
次の時間が始まるまでに
急いで教室の廊下に運び出す日々。
ホワイトボードのある教室は冷房が壊れてから
3回目の夏。まだ、直す気配なし。

理由はその教室を授業で使っていないから…。。
(冷房が入らないから夏は使ってないんですけどねえ(-_-;)

ジャンボホワイトTOSSノートはとても軽いので運びやすい。
2枚並べて磁石で黒板に張りつけた。
20分間で演習問題を解かせている間にプロジェクターと
実物投影機もセッティング完了。

古文の原文と文法説明と現代語訳の書いてあるプリントを
写し出して解説する。
これまではスクリーンに写し出していたので、
ペンで書き込むことができず、手元の紙に文字を書いて
写し出していた。不便だし私が下を向いている時間も
多くなってしまっていた。

今日は、生徒に顔をあげ前を向かせて、
ジャンボホワイトTOSSノートに写し出した映像を
見るように指示して
補足説明を書き込みながら解説した。
ペンがなめらかに進んでとても書きやすい。

画面の文字を縦にスライドする動作がつづくので
見にくいかもと心配して聞いてみたが
大丈夫とのことだった。
罫線がついているので、板書も美しく書ける。

授業のリズムを作りやすかった。

明日は漢文の問題の解答解説を行う。
漢文のほうが升目を色々と活用できそうだ。

生徒と一緒に使い方を検討している。
明日も補習授業が楽しみだ‼

京都府 坂本美和子先生