ご利用の先生方の活用事例をご紹介しています!
たくさんの活用事例をぜひお寄せ下さい♪
お客様の声

ジャンボTOSSノート依存症です

支援級でのノート指導。
「ここは1マス空けます」「数字1つにつき、マス目1つ分」・・・これが、黒板だけでは伝わらない。
 マンツーの指導ならば、薄く書いて「なぞってごらん」でもいいのかも知れないが、2人以上になると難しい。
 先々週までは、黒板にマス目を引きながらやっていたが、限界を感じた。
 そして注文した、ジャンボTOSSノート。
 先週から使い始めたが、使い勝手の良さに感動。
「先生と同じようにノートに写します」の指示だけで、視知覚や巧緻性に問題のある支援級の子たちであっても、どんどん書いていける。
 
 大きさも、支援級で使うにはぴったりの大きさ。
 何学年も同時指導すると、前の黒板と後ろの黒板で同時に板書を進めることもある。
 そんな時、小さめの予定黒板にも貼りつけられるのがいい。

 もう、ジャンボTOSSノートなしでは授業出来ない。
 そのくらい、頼り切っている。
 
 まさに、ジャンボTOSSノート依存症である。

 本当に、最高の発明品だと思う。

長野県 長山昌紀先生(仮名)