ご利用の先生方の活用事例をご紹介しています!
たくさんの活用事例をぜひお寄せ下さい♪
お客様の声

ジャンボホワイトTOSSノートで、なかなかノートを書けない子が書いた

教育困難校で、
2年生を教え始めて1週間。

学習の中で難しいと思うのが、
黒板からノートへの視写。

緑黒板では、
一行開けてゆったり書く、
指二本開けるということも、
かなり理解に厳しい…

説明したばかりでも
「それで先生どこに書くんですか」
と悲痛な声で前に出てくる子までいた。

何とかかんとか、
多数の子はどうにか書かせた、が。

その中でもとりわけ、
・ボーっとしていてゆっくりしか書けない子
がいる。

TTの先生が横で個別指導しても、
なかなか書けない。

やっと書いても、
詰めて書いていた。

ひょえ~
これはダメだ。

今日から算数は、
「足し算のひっ算」である。

絶対に、
ジャンボTOSSノート。

主人の学校から朝借りて、
勇んでクラスに持ち込み、
子どもが来る前に貼ってみた。

少し重たい素材でできていたが、
かなり強力磁石があったので、
押さえることができた。

そして今日の授業では、
前に出てくる子もおらず、
視写の遅い子も、
書けていた!!!!!!

本当にすごい。

特支級の担任の先生が、
「うちの学校は、
すべてが特別支援学級の対応が必要だと
思った方が良い。
支援級より重い児童がクラスにいる」
と言われた。

優れた教材を取り入れるのに、
躊躇するべきではないと
改めて思った。

英語の朝モジュールでは、
輪郭英単語カードも使う予定。

埼玉県 時田雪子先生(仮名)